健康的にダイエットする秘訣 必要な栄養はしっかり取ろう

脳梗塞の症状を知っておこう

私達が生活していく上で健康にいられると言うほどありがたいことはありません。
しかし人間は生き物ですから、病気になるのは当たり前です。
そのためにそれに備えなければなりません。
しかし何の前触れもなく発症してしまう病気もあります。
その場合だとそれに気が付けば良いのですが、遅れると命に関わる場合もあります。
その代表が脳梗塞です。
脳梗塞になってしまったら、一刻も早く専門医の処置が必要です。
そのタイムリミットは遅くとも4時間以内とされています。
この病気は脳の血管がまさしく詰まってしまう病気ですが、処置が早ければ薬でその血管の詰まりを取り除くことが可能です。

では脳梗塞の症状にはどのような特徴が見られるのでしょう。それには周りにいる人達の助けが重要です。
それは一緒に生活している家族や、行動をともにしている友人知人と言うことになります。
その人達が発症した人の変化を見極められるかと言うことになります。
まず症状としては顔のゆがみが出ます。
これは右側の場合も、左側の場合もあります。
そして片方の腕が上がらなくなります。
また口の筋肉が麻痺したり、べろが麻痺することによって水が飲めなかったり、ろれつがまわらなくなります。
そして、突然倒れ込んだりするのです。
このような症状が見られる場合はすぐさま、救急車の要請をして、発病者をその場に横向きに寝かせましょう。その時に注意することは決して仰向けにしたり、無理に動かしたり運んだりしないことです。
横向きにするのは、脳梗塞になると気分が悪くなり嘔吐物がのどに詰まらせないようにするためです。
このように脳梗塞は一見すると気が付きにくい病気かもしれませんが、周りにいる人や、あるいは一人暮らしの人も、今まで述べたようなことに注意しておかしいと思ったら、一刻も早く治療を受けるのが大切です。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 健康的にダイエットする秘訣 必要な栄養はしっかり取ろう All Rights Reserved.