健康的にダイエットする秘訣 必要な栄養はしっかり取ろう

脳梗塞の症状と種類について

脳梗塞というのは脳卒中のひとつで、脳血管が詰まる病気です。
脳血管が詰まるとその先の血流が滞り、脳細胞に酸素や栄養を行きわたらせることができなくなるため、その部分の脳細胞の壊死が始まります。
脳細胞は一度壊死すると元に戻りませんし、脳神経に障害が起こるために体の機能に影響が現れます。
更に脳梗塞には脳血栓、脳塞栓、出血性脳梗塞などがあります。
脳血栓は脳に動脈硬化が起こり脳血管が詰まってしまう病気です。
体の麻痺やろれつが回らないなどの症状が起こります。


脳塞栓は血栓や腫瘍などが脳血管に流れてきて詰まるために起こる病気です。
脳血栓と同じような症状が表れますが、突然症状が起こることがあり、後遺症が残ることもあります。
出血性脳梗塞は脳梗塞を起こして一度詰まった血栓が再び血管内を流れる際に血管に炎症を起こしてしまう病気です。
脳梗塞は梗塞が起こる部位によって症状が異なります。
めまい、記憶の障害、ふらつき、手足のしびれ、視野の異常、失語症、手足の麻痺、意識障害などの症状が起こります。


脳梗塞の治療では血栓を溶かす薬や血管に血栓ができるのを防ぐ薬を用います。
脳梗塞は動脈硬化から起こりやすいので、動脈硬化を予防することがのぞましいです。
それには動脈硬化のリスクを高める高血圧、高コレステロール、肥満といった生活習慣病を予防することが大切になります。
脳梗塞は高齢者に多い病気ですが、若い人や中年でも発症する病気なので注意が必要です。
症状が出たらすぐに受診することも大切です。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 健康的にダイエットする秘訣 必要な栄養はしっかり取ろう All Rights Reserved.