健康的にダイエットする秘訣 必要な栄養はしっかり取ろう

脳梗塞の症状を予防するために効果のある食品

脳梗塞を簡単に説明すると、脳に血液を送っている血管が、詰まり、脳自体が壊死を起こして機能しなくなってしまう病気です。
脳が機能しなくなると、体のいろいろなところに症状が現れ、通常の動作が困難になります。


そういったことになってしまう前に、脳梗塞を予防する食品を摂るように心がけましょう。脳梗塞を予防するためには、血中のコレステロールを低下させ、血の流れを改善する食品を摂らなければなりません。アジ、サバ、サンマなどの青魚は、動脈硬化予防や血が固まるのを防いで、血栓ができるのを予防します。
EPAやDHAと呼ばれる栄養素を含んでいます。
イカ、タコ、カニはタウリンを多く含み、動脈硬化予防や血圧を下げる働きをします。
納豆にはナットウキナーゼという酵素を含み血栓を溶かす働きに優れています。
納豆菌の繁殖によって粘りの中に作り出されるので、十分に糸を引かせて食べるとよいでしょう。玉ねぎ、にんにく、ショウガには硫化リアルが含まれ、血液が固まるのを遅らせて血液をサラサラにする効果があります。
食物繊維を多く含む野菜も、腸からコレステロールを吸収するのを防ぎ効果があります。
オリーブ油、ごま油はオレイン酸を含み、血中の悪玉コレステロールを低下させ、善玉コレステロールを低下させない働きをします。
これらの食品をバランスよく組み合わせて食べることで、脳梗塞予防に大きな効果があります。
特に納豆は、血栓予防効果が強力なので、毎日でも食べたほうがよいとされています。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 健康的にダイエットする秘訣 必要な栄養はしっかり取ろう All Rights Reserved.