健康的にダイエットする秘訣 必要な栄養はしっかり取ろう

脳梗塞の症状について

脳梗塞とは脳の部分にある血管に、血栓をはじめとした何らかの異物により血液の流れが悪くなり、これにより必要な栄養や酸素が十分に行き届かないというようなものです。
脳梗塞の起きる原因としては年齢を重ねることによって動脈硬化が進むのが原因であったり、乱れた食生活や運動不足やストレスなどによって引き起こされる生活習慣病によって心臓病や動脈硬化が起きることが原因などが挙げられます。


脳梗塞の初期症状として代表的なものが、言語障害や片側の体に不具合が生じるというものです。
具体的にはろれつが回らなくなったり、顔の左か右の半分の感覚がおかしくなったり、体の片側の手や足の感覚がなくなったり、立ちくらみやめまいなどを引き起こします。
また脳梗塞にもアテローム血栓性梗塞、ラクナ梗塞、心原性脳塞栓症と種類があります。
アテローム血栓性梗塞は脳内の血管に脂肪などが沈着することで起こるもので、これにより血管が狭くなってしまうという症状が出てきます。
またラクナ梗塞とは高齢の年齢層に多く見られる症状で、高血圧や老化が原因で動脈硬化が進み、脳の動脈が狭くなることで起こるものです。
心原性脳塞栓症とは脳ではなく別の場所でできた異物などが脳の血管に入ることで、その脳の血管の流れを悪くするというようなもので、突発的に起こるのが特徴的で、その病巣も広範囲にわたる可能性があることから、症状が一番重くなるタイプの脳梗塞だとされています。


しかし脳梗塞は生活習慣をきちんとすることである程度は予防することができます。
具体的には飲酒や喫煙は控えめにする、脂肪や糖分は取り過ぎない、定期的に運動をするという基本的なことで、十分に予防につながります。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 健康的にダイエットする秘訣 必要な栄養はしっかり取ろう All Rights Reserved.