健康的にダイエットする秘訣 必要な栄養はしっかり取ろう

脳梗塞は初期症状を見逃さないことが大切

脳梗塞で倒れられるかたは年間でもかなり多いと思います。
脳梗塞は脳内の血管に血栓などができて閉塞し、血液が行き渡らなくなることが原因で起きます。
血栓は現代の食生活では比較的起きやすいので、食生活に気をつけ、血液が凝固しにくい状態を保つ努力が必要でしょう。さて、脳梗塞ですが、いきなり脳梗塞になった!倒れた!となる前に、初期症状があります。
身体がしびれたり、言葉がしゃべりにくくなる、いわゆる言語障害のような症状が起きます。
脳に血液が回らないことで、身体が機能しなくなるのです。
この状態を放っておかず、すぐに医者にかかることで、脳梗塞は早期発見、早期治療が可能になります。
ただし、この初期症状は常に出ているわけでなく、引っ込んでしまうこともあるので、気のせいと思ったり、疲労のせいだと思ったりして医者にかかるのが遅くなるケースがあります。
自分の身体は自分が守らなくてはなりません。油断せずに医者に診てもらいましょう。

このような初期症状がある脳梗塞ですが、私の父も脳梗塞で医者にかかったことがあります。
喫煙の習慣が悪かったのかもしれませんが、はじめ、足に血栓ができました。
この時、医者にかかったのですが腰が原因とか色々言われて、手術までしたのに治りませんでした。
足に血栓ができているので、足が不自由になり歩けなくなってしばらくのこと、何らかの原因で足に栓をしていた血液のかたまりがはがれ、脳へ。脳の血管を塞いだ血栓のせいで目眩を覚えて倒れ、病院に運ばれたのです。
このように、脳に直接血栓ができなくても起きうることですから、日頃から十分に気をつけましょう。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 健康的にダイエットする秘訣 必要な栄養はしっかり取ろう All Rights Reserved.