健康的にダイエットする秘訣 必要な栄養はしっかり取ろう

前触れのある場合と突然の症状に見舞われるケースのある脳梗塞

私の父親と祖父が共に脳卒中で死んでいるので、脳の病として脳出血、くも膜下出血とともに脳梗塞について以前から注意して情報収集しています。
脳梗塞は血液の塊ができたり、動脈硬化などで脳内の血管が細くなったり詰まってしまい、脳に栄養分や酸素が送られなくなるために脳細胞が壊死してしまう病気だと解釈しています。
血管の壊死する部位によって失われる脳機能によって体の一部が動かなくなったり麻痺する半身不随障害を起こしたり、あるいは、口のろれつが回らなくなる言語障害や視野狭窄障害に見舞われるなど、個人ごとに様々な症状が現れるようですが、最悪は死に至る危険な病です。
もちろん、死に至らなくても症状が徐々に悪化していくと脳血管性の痴ほう症になり、更に症状が重症化すると命ながらえても完全介護で周囲の人たちに面倒を見てもらう生活を送るようになるケースもあるのです。
但し、脳梗塞が起こったら発症してからの経過時間で治療方法が異なりますが、すぐに医療措置すれば助かる可能性があるので普段から気をつけておく必要がある病だと思います。


また、脳梗塞には前触れなしに突然に脳梗塞の発作に見舞われるケースの他に前兆のある場合もあるので、そのサインを日常生活の中で見逃さないことが大切だといわれています。
手足のしびれやめまいが現れたら、その症状が軽く、短時間で終わってしまったものでも自分勝手に安心せずに医療機関で診察してもらうことが重症にならずに済むかもしれないことを肝に銘じて覚えておくことが肝要だといわれます。
平素から飲酒、喫煙、肥満に関わっていたり、高血圧や高脂血症あるいは糖尿病など生活習慣病の症状を持っている場合には年齢に関係なく罹る病なので、脳梗塞の予防対策としては普段からの運動と規則正しい生活及び食事ではコレステロールの多い肉料理を避けて魚や野菜中心にするような食生活及び塩分控えめの料理を心がけることが大切だといわれています。
脳梗塞は加齢とともに確実に増える病気だといわれているので、高齢化の進む我が国では脳梗塞患者が増えていくことが確実だといわれています。

お役立ち情報



Copyright(c) 2018 健康的にダイエットする秘訣 必要な栄養はしっかり取ろう All Rights Reserved.